▼大腿骨頭壊死症

一般病理学によると


大腿骨頭壊死症とは、何らかの原因で股関節が血行障害におちいり、大腿骨頭が栄養不足になり壊死してしまう症状です。

 

最初は、軽い痛みやだるさ あり、少し休むと痛みは消える程度です。

進行すると徐々に痛みが強くなり、しだいに回復するのに時間がかかるようになってきます。

症状が酷くなると、体を傾けて脚を引きずりながら歩いたり、股関節が外に開きにくくなったり曲がりにくくなったりと、関節可動域に制限がおこってきます。

 

原因となる要素の一つとして、ステロイドの大量投与や、アルコールの多飲によっても起こることがわかってます。

治療法としては、早期発見の場合は、筋力トレーニングなどの保存療法が行われ、酷い場合は、人工股関節の手術をおこなったりします。

無痛ゆらし療法では


大腿骨頭壊死症の原因は、股関節周辺筋肉の異常緊張によるものと考えます。


股関節の筋肉の固くなると、股関節の骨と骨とが押し付けられ圧迫されてしまい、骨頭の軟骨に血流障害がおき、まるで壊死のような状態になってしまうと考えます。


一般的には、軟骨が潰れているから歩く時に痛みが出ていると思われがちですが、実は違います。

痛みが出るほど筋肉が緊張して固くなっており、その為に軟骨に負担がかかり潰れてしまうのです。

 

なぜそう言えるかというと、当院の施術により股関節周辺の筋肉を柔らかくすると、軟骨が潰れている状態でも普通に歩けるようになる方が多いからです。


軟骨が潰れているのに体重をかけて歩いても大丈夫なの!?と不安に思われるかもしれません。

痛みがある状態でかばいながら無理をして歩くのは股関節にとても悪いのですが、痛みがない状態で歩くのは全く大丈夫です。

むしろ血行が良くなり、軟骨の再生が促進されると考えます。


ステロイドなどの薬により、内臓の働きが極度に低下してしまっている場合は、筋肉と軟骨の回復にかなりの時間がかかります。

ですので、まずは内臓の働きを向上させる施術を続けておこないます。