無痛ゆらし療法 Painless Swing Therapy

   

                   

優しくソフトにゆらしながら筋肉の緊張をゆるめ、体の歪みをとっていきます。

ほとんどの病気は自律神経と関係があります。「優しくソフトにゆらす手技」だからこそ可能な『自己回復システムの再学習』によって自律神経が整い、体が自動的に本来の健康な状態へと調整されていきます。  

        

体は痛みや違和感を少しでも感じると、筋肉を緊張させて固くなる性質があります。 

ですので、痛くないように施術をすることで、効率よく筋肉を柔らかくすることができます。

筋肉が柔らかくなると血流が良くなり、さまざまな症状の回復が早まります。

      

何万人というお客様の体を実際に施術することで得た、「無痛ゆらし療法」独自の理論と技術で、痛みや病気にアプローチしていきます。

一般医療とは違う視点で問題を見つけ出し解消することで、どこに行っても何を試しても痛みや症状に変化がない方が、回復に向かっていきます。

 

                    

                             

      


無痛ゆらし療法とは、「痛みが出ないように、優しく揺らしながらソフトに触って、痛みをとる療法」です。

 

従来の、”押す”揉む”叩く”といった強い刺激を与えるマッサージのような手技や、”バキッ”ボキッ”と骨を矯正したりは一切行いません。 優しくゆらすことで起こる体の反応を利用した、他にないまったく新しい優しいカタチの整体法です。

 

体の疲労や痛みを解消させるには、より弱いソフトな刺激のほうが効率が良い事に行きつきました。 それにより、従来のやり方では回復できなかった症状でも、効率よく回復に導くことができます。

また、一般的には常識とされている体のケア方法も、実は良く考えたら負担にしかなっていないやり方が多くあるのです。(ストレッチ法やアイシング法など・・)

 

無痛ゆらし療法は独自の体の理論で、体に負担をかけることなく、痛みや症状にアプローチしていきます。

 

できるかぎりお客様に痛みを感じさせることなく、優しいソフトな刺激で施術を行なっていきます。  ですので、小さいお子さんや妊婦さん、リウマチのような体が痛い方 も、安心して施術を受ける事ができます。

 

 


ふだん私達は、何気に歩いたり手を動かしたりしていますが、さまざまな筋肉が絶妙に関連しあって、いろいろな動きがなされています。 

 しかし、日常生活やスポーツなどで偏った体の使い方を長時間行っている為に、本来の自然な体の動き方を忘れてしまっている方がほとんどです。

 

例えば、腕をバンザイする時に、普段なら「5」の力を使えば余裕で挙げられるとします。

ですが、デスクワークで肩にいつも力が入っていると、肩の力を抜く事ができなくなり、「10」の過剰な力を使って動かすようになってしまいます。

そうなってしまうと、疲労がどんどん蓄積されていって、筋肉が固くなってしまいます。

 

筋肉が固くなると、

 

●血流が悪くなり、回復させる為の栄養が全身にいかなくなる。

●筋肉が骨を引っ張って、背骨が歪んでしまう。

●椎間板が圧迫され弾力を失い、神経圧迫が起きてしまう。

●内臓も固くなり、本来の活発な働きができなくなる。

 

などといった事が起こりやすくなります。

 

そして、腕が挙がらない・・指先のしびれが・・頭痛が酷い・・などといった症状につながっていくのです。

 

無痛ゆらし療法は、数多くの症状に対応しています。 それはどれも全て、筋肉の緊張や骨格の捻れなどの問題を解消すればよくなるものなのです。

半月板損傷・ヘルペス・免疫疾患など、一見筋肉の疲労とは関係ないように思われる症状でも、しっかり筋肉の緊張を緩めて血流をよくしてあげることで回復していきます。

 

 


「体」と「脳」との関係は、深く結びついています。

 

歩く、走る、食べる、など筋肉が働く時には、必ず脳からの命令が自律神経 を通って筋肉に送られて います。

いつも肩に力が入っている人は、常に「脳 」から「緊張していろ!」という命令が出っぱなしだと言えます。

 

また、驚いてビックリした時も、脳が危ないと判断して、身体を守る為に筋肉を緊張させます。 その状態が何年も持続してしまうと、交通事故や捻挫の後遺症などになるのです。

 

周りから何かしらのストレスを感じた時も、やはり力が入ってしまいますね。 ストレスで、急に腰痛になったり腹痛になったりしたことありませんか?

 

簡単に要訳すると、

       

●「脳」が緊張すると「体」も緊張する。 

●「脳」がリラックスすると「体」もリラックスする。

 

となります。

 

では、効率よく脳をリラックスさせる為には、いったいどうすればいいので しょうか?!

 

赤ん坊を寝かしつける時、みなさんどうしますか?考えて見てください。

 

寝かしつけるのに高い高いしたり、顔を引っ張ったりする人はいないと思います。

多くの人は、優しくゆらしたり優しく撫でたりしてあげるでしょう。

そうすることで赤ん坊は、安心して、緊張をといて、眠りにつきます。

 

そのような、ごくごく一般的な体の反応に着目し、高度な技術の療法として発展

させてきたのが「無痛ゆらし療法」です。

 

 


ほんとに痛いことはしません!

 

ちょっとでも、痛みや違和感を体が感じてしまうと、無意識に力が入って固くなってしまいます。 それは、脳が何か危ないことから体を守ろうとする反射の働きによるものです。

目にゴミが入りそうになったら、無意識に目を閉じるのと同じ働きです。

 

そんな状態のまま、筋肉を緩めようと施術をしても、とても効率の悪いことになります。

 

ただ本人の痛みは本人にしか分かりません。 

なるべく気を付けて施術を行いますが、もしちょっとでも痛みや違和感を感じたなら、すぐに教えて下さい。

 

 


岡山無痛ゆらし療法院 pepからだ工房 やすらぎ  tel 086-222-5250

〒700-0022 岡山県岡山市北区岩田町1-16ブロスビル4階

無痛ゆらし療法PST協会やすらぎグループ所属  NPO法人日本予防医学未病研究会推奨

野球肘,肉離れ,捻挫,オスグッド,成長痛,半月板損傷,大腿骨頭壊死,ヘルペス,紫斑病,リウマチ